【はじめてのボルダリング】ボルダリングに使う「チョーク」って何?種類や使い方をご紹介!

ボルダリングをしている人が、上る前に手に白い何かをつけているのを見たことがありませんか?あれは「チョーク」とよばれ、ボルダリングをするうえでとても重要な役割を果たすものなのですよ!今回はそのチョークのお勉強をしてみたいと思います。

 

 

チョークって何?

chalk-bag-485949

 

チョークは炭酸マグネシウムから作られています。チョーク自体に滑り止めの効果はないのですが、炭酸マグネシウムが吸水性に優れているため、手の汗を吸い取って滑りにくくしてくれます。

 

チョークの種類は、液体タイプ、粉末タイプ、固形タイプ、ボールタイプと大きく分けて4つあります。それぞれ特徴があるのですが、粉末や固形、またはボールタイプの場合は、サラサラしたものを好むか、それとも粗いものを好むかによって使用するものが異なってきます。慣れてくれば自分の好みがわかってきますので、いくつかを使ってみて、自分に合うものを選んでいきましょう。

 

粉末タイプ

一般的に使われているのが粉末タイプのチョークです。

手にしっかりとチョークを付けられます。

しかし粉末タイプなので、服などが粉だらけになり、汚れやすいというのが難点です。

また、ジムによっては粉末タイプのチョークを禁止しているジムもあるので注意しましょう!

液体タイプ

液体タイプは空気に触れると固まっていくチョークです。

ボトルに入っているので、チョークバッグも買う必要がありません。そして持ち運びしやすいのと、まわりを汚さずに使える点が良いところです!

ただし、粉末タイプに比べて滑り止めの効き目が若干弱いです。


スポンサードリンク

固形タイプ

粉になっていると持ち運びの際、粉が散ってカバンの中身が汚れてしまった…というのはよくあることです(>人<;)

それを防ぐ為に登場したのが固形タイプです。

少しずつ崩して粉にしながら使えるので、まわりを汚してしまうという意味では最小限に食い止められます。

 

ボールタイプ

初心者の方はボールタイプを使えば間違いないです。粉が飛び散りにくく、初心者も簡単に使えて、売っているところが多いので手に入りやすいというのがポイントです。

難点としては、細かい網目から少しずつチョークの粉が出てくる為、使えば使う程、粉が出にくくなりめんどくさいです(>人<;)

 

炭酸マグネシウム100%のものを選びましょう

 

滑り止めのロジン(松ヤニ)が配合されたものだと、岩などに付着した場合、簡単に落とすことができません。水に溶けやすく汚れがすぐに落とせる炭酸マグネシウム100%のものを使用しましょう。また、岩につけたチョークはブラシで掃除してから帰るのがマナーです!

0

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

クライミング動画

クライミングに関する動画を随時更新! ジム〜岩場のクライミング動画やトレーニング動画を中心に配信します!

矢谷淳の自宅で出来るボルダリングトレーニング

パーソナルコーチ矢谷淳さんの『自宅で簡単に出来るトレーニング方法』を伝授。矢谷さんはいかに運動を生活習慣として入れ込めるかが大事なポイントと答えます。 実際に私も矢谷さんのトレーニングを実践して、少しずつ...しかし確実に効果を感じることが出来ています。 トレーニングは継続することが何より大事!簡単に出来て効果が高いトレーニングこそ価値があるのだと感じました^^ 矢谷さんのトレーニング動画は随時更新予定です。皆さんもパフォーマンスアップのために実践してみてはいかがでしょうか?

ボルトレ動画 提供元

矢谷 淳(やたに じゅん)

株式会社プラスワイ 代表取締役  
エクササイズメンタルコーチ 
セミナー講師・セミナープロデュース

運動未経験からアスリートまで幅広い層を担当。
豊富な知識と経験から、お客様の目標を達成する、出張専門のパーソナルコーチです。

矢谷淳.COM
http://yatani-jun.com/

Twitterアカウント

Chip@ボルダリングちゃんねる
ページ上部へ戻る